NPO法人 幸ハウスについて

特定非営利活動法人 幸ハウスとは

癌と聞くと、色々な不安に押しつぶされそうになります。

治療のこと、家族のこと、仕事のこと、お金のこと、未来のこと…

幸ハウスは、癌患者さん、ご家族、ご友人が、戸惑いの中、自分らしい生き方や医療を選ぶことをサポートする場所です。

医療機関ではなく、宿泊施設もありません。治療、検査を行ったり、セカンドオピニオンを提供する場所でもありません。

患者さんご自身が、大切にしている思いや考えを尊重し、何より大切にします。

代表理事 川村真妃 ご挨拶

日本人の2人に1人が生涯で癌になる現在、癌と診断されることは特別なことではない時代になりつつあリます。

癌と告知された時、色々な不安に押しつぶされそうになります。

病気のこと、今後の治療のこと、家族のこと、子供との関係、仕事のこと、お金のこと、自分の未来のこと、、、

NPO法人幸ハウスは、‘病気になっても病人にならない’ をコンセプトに掲げ、癌患者さんが自分を取り戻し、自分の生き方を考えるための病院でもなく、家でもない、第3の居場所(=幸ハウス)を日本中に作りたいと思っています。

患者さんを本当の意味で癒すには、病院で体の治療しながら、病院とは違った空間(時間の流れ、人との繋がり方)で自分の生き方(死に方)を見つめ、受け止める場所が必要だと思っています。

 

また、自分らしい生き方(死に方)を考えるために、日常生活の中で普通に死生観を語り合える文化を創ることで、幸ハウスに関わる人全てが、病気になっても自分の想いを大切にできて、自分らしい人生を選べる社会を目指しています。

自分の人生でどんなことを大切に生きたいか(死にたい)ということを、日常的に考えることで、自らが望む人生の最終段階のあり方を明確にすることができると考えています。

そしてそれぞれの人が明確にした生き方を貫ける第3の居場所があり、寄り添ってくれる人がいることで、最後まで自分が大切にしているものを大切にできる生き方ができると考えています。

私は、自分が大切にしていることを最後まで大切にできる生き方(死に方)は幸せな生き方だと思っていて、こういう幸せな生き方をどんな人もできる幸ハウスが身近にある社会を、様々な職種の方々と手を繋ぎながら作って生きたいと思っています。

ドリームプランプレゼンテーション世界大会(2017年)より