事業概要

幸ハウスのMission

特定非営利活動法人幸ハウスは、がんサバイバーさんをはじめ様々な能力をお持ちの方々と共に、病気になっても病人にならない社会を作ります。

私たちが考える病気になっても病人にならない社会とは、関わる人全てが、自分の想いを大切にできて、自らの生き方(死に方)を選べる社会です。(※ここでいう関わる人すべてとは、患者、その家族、ボランティアです。)

私たちは、そのために2つのミッションを持っています。

Mission1

患者さんが、自分を取り戻し、自分の生き方を考えるための寄り添う居場所を日本中につくる

病院に隣接した施設<幸ハウス>の全国展開を目指しています。

<幸ハウス>という場をつくりたいという病院向けに、立ち上げのためのノウハウ共有や人材の育成、コンテンツ提供など、<幸ハウス>を立ち上げて、継続運営していくために必要なことを総合的に支援します。

このような未来を作るために、現在は、2018年3月にオープンした最初の拠点である「幸ハウス・富士」が継続運営できるビジネスモデルになり、<幸ハウス>が別地域でも展開することが可能になるための仕組みづくりに取り組んでいます。

Mission2

誰もが死生観を語り合える場をつくる

自分らしい生き方(死に方)を考えるために、日常生活の中で普通に死生観を語り合える文化をつくることで、幸ハウスに関わる人全てが、病気になっても自分の想いを大切にできて、自分らしい人生を選べる社会を目指しています。

現在、死生観を考えるためのさまざまなイベントを企画・開催中です。

これまでに、理想の死の在り方・過去の臨死体験など、思いつくままに語られるさまざまな人の死生観にふれながら、自らの死生観を深め考える「Death Café」を開催したり、

ドキュメント映画 Death makes life possible「死を知ることで、生はより輝く〜あなたが誰かを知るために〜」 の映画上映や対話会などを行いました。

※この映画は人類学者であり科学者であるMarilyn Schilizさんが著名な科学者、哲学者、臨死体験者、医師など人間の意識や死をドキュメンタリー形式で探求しています。 Marilyn Schilizさんは30年間以上にわたり意識とは?死とは?という事を自分自身に問い続けてこられました。

そして人類学者としてこの問いを探求し続けた結果 ’Death makes life possible’ 「死を知ることで、生はより輝く〜あなたが誰かを知るために〜」という一つの作品が制作されました。

この映画は死ということを様々な人の価値観を通して見つめ直すことによって、自分の中の死生観のあり方を見つめ直すキッカケになり、今後どう生きていくかを考えさせてくれます。

また、この他にも、定期的にセミナーやシンポジウムなど開催し話題性を上げ、誰もが死生観を語り合える文化を醸成し、病気になっても自分らしい人生を選べる社会の実現を目指しています。

 

Missionを実現していくために

このような活動の積み重ねにより、最後まで自分が大切にしたいものを大切にできる社会を構築し、誰にでもおとずれる最後の瞬間に到るまでの過程が穏やかになる未来/社会を作ります。

個人や一つの団体では限界があると感じていますので、多くの同じ思いを持った方々と手を組み、病気になっても自分らしくいきられる社会、病気になっても病人にならない生き方が実現される未来のために活動していきたいと思っています。