【ご報告】READYFOR SDGs(中部電力様)が目標金額に到達しました

 

現在幸ハウスが挑戦中のクラウドファンド、「最期まで自分らしく、大切なものを諦めない、対話カード開発へ」が、12月5日、無事、目標金額に達成することができました。

みなさまの応援がこのカードの必要性を裏付けてくれてたように感じており、大きな勇気とやる気をいただきました。本当にありがとうございます。

 

いよいよカードの作成に向けて一歩前にすすめます。

カードが完成した暁には、このカードを広めお仲間として、一緒に再び私たちと活動していただけたら光栄です。

死を日常で語れる世界観を作ることで、私たちはより深く自分や自分の大切にしている人とつながることができると思います。それにより、より豊かな人生を歩めると感じます。

その世界観作りにまた一歩近づけた気がしてすごく嬉しいです。

応援ありがとうございました。
そしてこれからもどうぞよろしくお願いいたします!

https://readyfor.jp/projects/sachihouse414card

 

【目標達成につき終了】READYFOR SDGs参加(中部電力様)【期間限定チャリティ企画】

German Design Award 2020で”Winner”アワードを受賞致しました!

この度、SACHI HOUSEがGerman Design Award 2020: Excellent Architecture – Architecture部門において”Winner”アワードを受賞致しました!

German Design Award は、1953年に設立されたドイツデザイン評議会が主催する国際的なデザイン賞で、世界各国の国際的に優れたデザイン作品の中から、ドイツデザイン評議会の推薦を受けた作品のみが受賞候補としてノミネートされるそうです。⠀⠀⠀

このたびは、NOSIGNERさんに手掛けていただいた「幸ハウス(Sachi House)」が、German Design Award 2020 の Excellent Architecture 部門において、各カテゴリーで特に優秀な作品に与えられる「Winner」を受賞させていただくことができました。

受賞の詳細は下記のURLよりご覧ください↓↓
https://www.german-design-award.com/…/26998-sachi-house.html

 

幸ハウスという場所は、病気になっても、自分の人生で大切にしたいことを、最期まで大切にできるようサポートさせていただく場所です。

そして、それにより、病気になっても病人にならない未来社会構築のために活動しています。

私たちがこのような思いを形にするためには、幸ハウスに集うサポーターさんの力のみならず、利用者さんが集う建物にも大きな力があると感じ、建物にも思いをこめて建設していただきました。

したがって、その思いをこめて建設した幸ハウスが、昨年の国際建築賞2019の受賞に続き、このような権威ある賞を再び受賞できたことを心から嬉しく感じます。

幸ハウスの建設をreadyforを通じて応援くださったみなさまに心から感謝を申し上げるとともに、私たちの理念を今後も貫き1人でも多くの利用者さんのお役に立てるよう努力してまりますので引き続きお見守り応援の程よろしくおねがいいたします。

【お知らせ】幸ハウス富士の共同代表植竹真理がラジオに出演します!

 

幸ハウス富士の共同代表植竹真理が、本日22時〜ラジオ、VOICE CUE FMみしま・かんなみ FM77.7MHzで幸ハウスの事、414カードの事をお話させて頂きます!

お時間がある方は植竹真理の幸ハウスに対する溢れる思いを是非聴いてください!

今夜の内容は、残念ながら三島エリアの方しか聞けないようですが、ラジオを録音したものをまたどこかで皆さんにシェアさせていただきますので乞うご期待ください。

 

以下、植竹真理からのメッセージです。

 

【本日22時〜ラジオ、VOICE CUE FMみしま・かんなみ FM77.7MHzで幸ハウスの事、414カードの事をお話させて頂きます!】

お世話になっている長泉の美容院HairCut KAZOの粟野和夫さんに、ラジオで幸ハウスの事や414カードの事を話してみない?とお声掛け頂き、一昨日収録に行って来ました!

もちろん、人生初のラジオ収録!

 

 

とても緊張しましたが、和夫さんとかーこさんが温かく盛り上げて下さってリラックスして自分らしくお話する事ができました。

和夫さん&かーこさん、お話の聴き方、まとめ方、さすがです!!勉強になりました!

時間が経つと、もっと違うお伝えの仕方があったな〜とか、この事もお話したかったな〜とか思ったりもしますが、、ベストは尽くせたかなと思います。

和夫さん、かーこさん、溢れる思いを聞いてくれてありがとうございます。そしてディレクターの、ふるやともひろさん、優しい笑顔に緊張が解れました。
こうして、幸ハウスの事をお話する場を頂き、応援して下さる事に心から感謝しています。みなさん、よければ今夜お聴き下さい。

 

【目標達成につき終了】READYFOR SDGs参加(中部電力様)【期間限定チャリティ企画】

 

この度、NPO法人幸ハウスは2回目の挑戦となるReadyforをスタートすることになりました。

2度目の挑戦となる今回は、目標金額50万円を目指して、誰もが、気がるに、自分が大切にしている生き方(死に方)を最期までできるための対話カード、414カード(良い死カード)の作成費に充てさせていただきたいと思っています。

 

今回作成したい414カード(良い死カード)への思いや414カードの使い方など、プロジェクトの詳細につきましては是非readyforのプロジェクトの概要をご確認ください。

https://readyfor.jp/projects/sachihouse414card

2019年11月12日から12月23日23時までの期間、43日の挑戦となります。

 

今回も前回に引き続き、all-or-nothingの挑戦、つまり、目標金額の50万円が達成しなければご支援を頂くことができないカタチです。

私たちの挑戦に対する、みなさまからの応援を引き続きどうぞよろしくおねがいいたします。

また、資金のみでなく、記事のシェアの応援もとても嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします!

 

【Readyforスタートしました】この度、NPO法人幸ハウスは2回目の挑戦となるReadyforをスタートすることになりました。2度目の挑戦となる今回は、目標金額50万円を目指して、誰もが、気がるに、自分が大切にしている生き方(…

幸ハウスさんの投稿 2019年11月15日金曜日

 

【ご報告】期間限定チャリティー Tシャツ&グッズ販売終了しました

 

10月14日から1週間限定で行った、Jammin合同会社様とのコラボ 幸ハウスオリジナルチャリティーTシャツ販売キャンペーンが無事に終了しました。

最終的には、たくさんの方々の応援のおかげで、目標金額10万円を大きく超えた198,430円の販売となりました。

また、期間中は協賛企業であるパシフィックコンサルタンツ株式会社様により、FacebookやTwitterで「いいね」「シェア」「コメント」の数があるごとに10円の寄付となるということで、多くの方からアクションというカタチでも応援をいただきました。

本当にありがとうございます。

 

現在、静岡県富士市にある幸ハウス富士では、来られる利用者さんからは一切お金を頂いていません。なぜなら、幸ハウスに来られる方々は、がんという病気と向き合っている方やその方達を支えるご家族やご友人です。

大切なお金は、ご自分で選択した治療や療養、自分が少しでも穏やかに過ごせる時間のために使って頂きたいと考えているからです。よって幸ハウスは、幸ハウスの活動に共感し応援して下さる方々からの寄付で運営しています。

今回いただいた寄付金も、幸ハウス富士の運営や死生観について語り合えるような場づくりのために活用させていただきます。

 

【お知らせ】「オルタナS」「Yahoo!ニュース」で紹介されました

 

本日、幸ハウスの活動が若者による社会変革を応援するソーシャルメディア「オルタナS」と情報サイト「Yahoo!ニュース」で紹介されました。

 

▶ オルタナSの紹介記事

最期まで「自分らしく」、がん患者の生に向き合うNPO

▶ Yahoo!ニュースの紹介記事

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00010000-alterna-soci&fbclid=IwAR1b3iVwq_a5fkttjN7Xzw-cXINrbk5E7Y3mNxDAo-iDWDxyvdhn9xg90dY

 

【お知らせ】幸ハウス富士が世界建築フェスティバル2019年で選出されました

 

NPO法人幸ハウスはビジョンやミッションだけでなく、建物にもかなりのこだわりと思いをこめて幸ハウス富士の場をつくりました。

その結果昨年の architecture master prize(https://architectureprize.com/winners/2018.php)受賞に引き続き、今年は世界建築フェスティバル2019年度で「Completed Buildings- Health」部門に選出されました。

こんなに素晴らしい建物を作ってくださった NOSIGNER 太刀川 英輔さんに改めて感謝です。

 

以下、NOSIGNERさんのFBページより抜粋

【アワード: WAFで「幸ハウス」がショートリスト】
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
この度、「幸ハウス」は、世界建築フェスティバル2019年度で「Completed Buildings-Health」部門に選出されました。
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
富士市の川村病院のためにanotherAPARTMENTと共に設計しました「幸ハウス」は、静岡県富士市にある川村病院に付随する福祉施設としてオープンした幸ハウスは、入院患者と家族、看護師が安心して過ごせる場としてだけではなく、地域住民が集う場としても機能し始めています。
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
私たちはこの名誉ある賞に選ばれたことを光栄に思います。
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
詳細は、以下のリンクでご覧下さい。

https://www.worldarchitecturefestival.com/completed-buildings-health?fbclid=IwAR37w0PeeMmWzp3Vf6-8LT6v5XW9RVLEP6bZphfLYTuX55n4VT_UwXuwaWk

 

【お知らせ】情報誌「Face to Face」に掲載されました

 

この度、幸ハウスが、静岡県富士市の星野新聞堂さんが作成されている情報誌「Face to Face」に掲載されました。

「 Face to Face」は「富士地域で文化的な活動をしている人たちを応援したい」という思いで2004年に創刊した地域月刊紙です。

 

伝えたいのは情報ではなく「物語」である、、、というコンセプトを持っておられるので、なぜ幸ハウスを作ることになったのか?という私たちの思いや物語を大変丁寧に聞いてくださり、言葉にまとめてくださいました。

私たちの思いが詰まっていて、これを読んでいただければ幸ハウスのことをもっと深くご理解いただけると感じます。

ぜひご覧ください!

記事はこちらから読めます

2019年3月10日  Face to Face Talk
幸ハウス富士 看護師 植竹 真理

【お知らせ】静岡第一テレビで幸ハウスが紹介されました

昨日、静岡第一テレビのevery.しずおかの特集で、
幸ハウス富士、NPO法人幸ハウスが紹介されました。
静岡第一テレビの田村早希さんが
幸ハウスの本質を深く理解してくださり、
一生懸命番組にまとめてくださいました。

幸ハウス富士は、
多くの方々からのサポートにより
ここまで来ることができました。

これからも多くの方が
安心して過ごせる場(幸ハウス富士)、
信頼される組織(NPO法人幸ハウス)に
なれるよう頑張っていきますので
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

【ご報告】グリーフケアin静岡で取り組みをお話させていただきました

代表理事の川村が、リブオン主催のお寺からつながるグリーフケアin静岡、僧侶のためのグリーフケア連続講座の修了式のゲストスピーカーとして幸ハウスの取り組みをお話させていただきました。

1/22からスタートして4ヶ月間、自分自身と真剣に向き合ってこられた僧侶の方々が成果発表会で語られたお言葉一言一言が胸に響きました。

グリーフは誰でも持っていて、そこと向き合うことで、相手の苦しみに本当の意味で寄り添うことができることを感じました。

こんなに素敵な僧侶の方々が静岡にいらっしゃることを知れたこと、そして繋がれたことがとても嬉しかったです。

幸ハウスでもグリーフケアの場を今後は提供していきたいので、今日出会った方々との繋がりや学びを深め続け、地域の方々のお役に立てるような幸ハウスになれるよう今後も努力を続けてまいりますのでよろしくお願いいたします。