【研修開催】第3回 ELNEC J 研修会

10月27日と28日に、第3回エルネックJを開催しました。

今回は、幸ハウスに深く関わって下さっているサバイバーさんお二人も、一緒に学んで下さいました。

看護師だけでなく、他職種の方々やサバイバーさんの方々と一緒に学ぶ事で、新しい気づきがたくさんあります。

例えば昨日は、患者さん役、看護師役、観察者役を全員が経験するロールプレイを行ったのですが、

サバイバーの方が看護師役をやった時

・症状ばかりでなく、生活で困る事はないかじっくり話を聞いていた(看護師はどうしても症状を中心に聞く傾向があるのです)

・ご本人やご家族の頑張りを自然に温かく労う言葉かけができている
(症状や病気にばかり目が向いているとかけられない言葉です)

・話をする時に、家族と一緒がいいか、別がいいか、配慮している

等々、改めて大切な事を確認する事ができました。

心を込めて話を聞いたり、気持ちに寄り添ったりする事は、看護師だけがしている事ではありません。

他職種の方や、サバイバーさんや、みなさんがされている事です。色々な方のお話の聞き方や、寄り添い方を知る事で、多くの学びがあると思います。

今回参加して下さったサバイバーの方が、「看護師の向けの研修だけど、患者や家族もこの内容を学ぶ必要があると感じた。患者さん向けにこのような講座ができないか考えてみたい」とおっしゃっていました。

また、新しい何かに繋がる予感もある、充実した研修となりました。

講師をつとめて下さった大島英子先生、ありがとうございました。次回エルネックJ研修は、2月に開催予定です。

【イベント開催】トークイベント

昨日は、まいこさん、みかさんによる「がんという病気をとおして経験したこと 人生が変わったターニングポイント」のトークイベントを行いました。

みかさんは、オープン後まもなくから、幸ハウスを大切に思ってくれ、私達を支えてくれている大切な存在。そしてまいこさんは、みかさんの大切な同志で、がん患者会with a cancerの代表をされています。

そんな素敵なお二人が、幸ハウスで自分の経験を涙あり、笑いありでお話して下さいました。

自分達の経験を語る事で、生きることや人生のターニングポイントを考えるきっかけにしてほしいという熱い思いで、素直にあるがままに伝えてくれました。

・ターニングポイントは、自分が選んだ事で作られていくもの
・日々の生活でも自分で決める事はとても大切なこと
・どんな自分も自分。できない自分も認めてあげていい。
・自己肯定感はとても大切。

病気とどのように向き合ってきたのか、まいこさんとみかさんの色々な経験を交えてのメッセージが心に響きました。

まいこさんとみかさんは、今後子供達に向けてもお話会をしていく事を目標にされています。

これから、たくさんの子供達に、まいこさんとみかさんのメッセージが届きますように。

【イベント開催】第1回 アイのポスト

9月29日の土曜日に「アイのポスト」を開催いたしました。講師を務めてくださったのは、ナムフォト代表取締役で、写真家の、楢 侑子 (Yuko Nara)さんです。

「アイのポスト」は、楢侑子さんが乳がんになった時に「生きていることは当たり前でないんだ。日常の中の嬉しい記憶を、足跡がわりに残していこう」という思いで、始まったプロジェクトです。

この日は12名の方々と共に、写真についての学びを深めました。そして、今日から2週間は、当日グループを作ったみんなと、自分にとって「愛だな」「嬉しいな」「楽しいな」と感じた写真に、コメントをつけて投稿しあいます。

今日は、朝から、グループに私にとっての一枚を投稿するために「私にとっての愛?私にとっての嬉しい?私にとっての楽しい?」を問いかけ、探し続けながら過ごしました。

自分にとっての幸せや、愛ということを考え、それと繋がろうとする意識を持って1日を過ごすことで、普通は目がいかないところにも目がいくようになり、普段の日常にいつもと違う色が加わり豊かな気持ちになりました。

まだ始まったばかりですが、もうすでに楽しい経験させてもらっています。

このとっても素敵なコンセプトの「アイのポスト」は、今後も定期的に幸ハウスで開催する予定です。

今回ご参加いただけなかった方は、ぜひまたの機会にご参加ください。

日常には幸せや喜び、愛が溢れていることに気づけて、とてもほっこり幸せな気持ちになります。

楢先生、ありがとうございました!

ナムフォト公式HPでも紹介されております。

癌であっても、癌でなくても、一日一日が、宝物の日々にかわる「アイのポスト」幸ハウス×ナムフォト

【研修開催】第2回 ELNEC J 研修会

7月7日、8日、幸ハウスで、ELNEC-J(The End-of-Life Nursing Education Consortium-Japan)の研修会を開催いたしました。

ELNEC-Jとは質の高いサポートを緩和ケアを必要とする人や、人生の終焉にある患者と家族に提供するために作られた研修で終末期の医療に関わる看護師さんには必須とされる知識習得のための教育プログラムです。

今回、幸ハウスで、質の高いエンドオブライフケアを提供するための医療、および、地域を作るためのプログラムであるELNEC-Jを開催できたことは大変喜ばしいことでした。

第2回目に当たる、今回は、12名の看護師さんが参加してくださいました。みなさんで、二日間に渡り、シャローム病院の看護師長さんで、幸ハウスの理事をしてくださっている大島英子先生から、痛みや症状のマネジメント、倫理的問題など、患者さんとご家族に必要なケアを包括的に学習させていただきました。

一般病棟、外来、緩和ケア病棟、地域など、様々な場所で活動する看護師さんが幸ハウスで開催されたこの研修に参加してくださり、みなさんで共に学べ、情報交換や新たなネットワークを得る機会にもなりました。

次回の開催は10月27日、28日、9時から17時です。

募集人数は、12名と参加できる人数は少ないのですが、その分、みなさんとすごく仲良くなれ、先生とも密な意見交換が可能な研修会となっています。

講師の大島英子先生は、20年以上にわたり、緩和医療に関わってこられた、大ベテランの看護師さんです。知識、経験のみならず、お人柄も素晴らしくて、私が心から尊敬できる看護師さんで、大島先生から学べるということもこの研修の大きな利点だと思っています。

お忙しいと思いますが、癌に関わるお仕事をされている方は絶対、この研修を受けることで、大きな学びや成長を得ることができると感じています。

ご興味ある方はメッセージをいただければ、研修の詳細を送らせていただいます。(ちなみにお値段は2日間で12000円です)
ご検討いただければ幸いです。

【ご報告】グリーフケアin静岡で取り組みをお話させていただきました

代表理事の川村が、リブオン主催のお寺からつながるグリーフケアin静岡、僧侶のためのグリーフケア連続講座の修了式のゲストスピーカーとして幸ハウスの取り組みをお話させていただきました。

1/22からスタートして4ヶ月間、自分自身と真剣に向き合ってこられた僧侶の方々が成果発表会で語られたお言葉一言一言が胸に響きました。

グリーフは誰でも持っていて、そこと向き合うことで、相手の苦しみに本当の意味で寄り添うことができることを感じました。

こんなに素敵な僧侶の方々が静岡にいらっしゃることを知れたこと、そして繋がれたことがとても嬉しかったです。

幸ハウスでもグリーフケアの場を今後は提供していきたいので、今日出会った方々との繋がりや学びを深め続け、地域の方々のお役に立てるような幸ハウスになれるよう今後も努力を続けてまいりますのでよろしくお願いいたします。

【イベント開催】第1回 記憶のアトリエ

昨日、幸ハウスで第一回目、記憶のアトリエを開催いたしました。

20名を超える方々にご参加いただき、とても素敵な場ができました。

今回素敵な場をつくってくださった藤田さんが早速当日の様子を素敵なレポートにしてくださったのでアップいたします。

今後も記憶のアトリエを定期的に開催しようと思いますので気になるはぜひ次回ご参加ください!

【研修開催】第1回 ELNEC J コアカリキュラム看護師教育プログラム

幸ハウス富士で、ELNEC J ( End of life nursing education consortium)コアカリキュラム看護師教育プログラムを主催いたしました。

講師は幸ハウス理事であり、シャローム病院・緩和ケア病棟看護師長・緩和ケア認定看護師の大島英子先生です。

幸ハウスに関わってくださる大切な仲間5名とともに9時から17時まで二日間、エンド・オブ・ライフ・ケアに関して系統的・包括的な基本事項を事例検討やロールプレイなどを含みながら学びました。

大島先生はご自身の緩和領域での多彩な実体験を例に取り上げながら、教えてくださいました。また、心揺さぶられるような動画も持ってきてくださり、あっという間の二日間でした。私は大島先生のお人柄がとにかく大好きで、先生の患者さんへの向き合い方を心から尊敬しているので、大島先生からELNEC Jを学ぶことができてとても幸せでした。

大島先生のご厚意で、今後も定期的に、幸ハウス主催で看護師さんを対象に、このようなプログラムを開催していくことができますのでご興味がある方はぜひご参加ください!

幸ハウスの場でこういう学びを開催できる喜びを感じながら、自分の学びも深められ、とても貴重な時間でした。大島先生ありがとうございました。

【お知らせ】幸ハウスが新聞で紹介されました

幸ハウスのことが新聞に載りました。

この新聞を握って来てくださる患者さんもいらして、思いを発信する大切さをしみじみ感じています。と同時に、きちんと思いを伝える難しさも感じていて、もっと簡潔に自分がやりたいことを伝える勉強をしていきたいと思いました!

幸ハウスに来てくださった記者さんは、どの方も本当に優しくて、私の、大切にしている思いを理解しようと、何時間も私の話を聞いてくれました。次の日に戻って来てくれ、再度話を聞いてくれた記者さんもいました。

そして、一生懸命記者の方が文字にしてくれた新聞を持って、患者さんが来てくれています。

ここに、幸ハウス、記者さん、患者さん、幸ハウスという小さな循環が生まれていることを実感しました。

優しさの循環は人を幸せにしてくれます。

幸ハウスは、記者さんとだけでなく、地域の方と、このような優しさの循環を今後もたくさん生み出していきたいです。

そしてそれによって、患者さんの大切な思いを最後まで大切にできる場をみんなで作っていきたいです。

みなさま引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

RENCAGEの小西健太さんより植栽のギフト

幸ハウスに植栽が入りました。植栽を担当してくださったのは、RENCAGEの小西健太さん。

とにかく暖かくて優しくて、、、ご自身もお母様を癌で亡くされていて、幸ハウスの必要性をすごく理解してくださっている方です。わざわざ神戸から植栽持ってきてくださいました。しかも幸ハウスにぴったりのものを!!

幸ハウスに関わってくださる方はみんな、誰一人残らず優しくて人間的に惚れる方ばかりです。幸ハウスのおかげで、わたしの人生も豊かになっています。

今日1日ここで時間を過ごしましたが、ここを作るために関わってくださった、多くの方の優しさをずっと感じて、言葉にできない幸せを感じました。

おとといの水曜には患者さんが12名いらしてくださいましたが、高い天井を見上げたり、外を見ながらすごく良い場ですね、、、と幸せそうな姿を見せてくださいました。

病気や命と向き合って毎日一生懸命生きておられる患者さんが、ほっとできる空間をこれからも作っていきます。みなさん引き続きよろしくお願いいたします。